ワインに合うつまみ

じゅんじゅんのぶらりワイン紀行

ワイン葡萄の種類・聞き慣れない編

ワインの葡萄の種類といえば、カベルネ
ソービニヨン、メルロー、ピノノワール
、シャルドネなどが思い浮かびますが、
世界にはたくさんの、あまり聞いたこと
のない葡萄品種があります。
wine_budou


ワインの葡萄の種類を全てというわけで
はありませんが、独断と偏見で(^_^;) 
いくつかご紹介します。

■アギオルギティコ

ギリシャのとある半島で栽培されている
赤ワインの葡萄の種類です。
とても深い赤をしているようで、そこは
ギリシャらしく、ヘラクレスの血!とか
呼ばれているとか。

guirisia

■ガメ

亀ではありません。ガメです。
フランスのボジョレーで栽培されている
ワインの葡萄の種類です。わいと早めに
、つまり若いうちから醸造の対象となる
ようで、ライトボディのワインに使われ
るようです。
ボジョレーヌーボーと関係があるんです
かね?

■クシノマヴロ

ギリシャで最も最良とされるワインらし
く、マケドニア地方で栽培されていま
す。ピノノワールに似ているとか。
こちらは、ギリシャですがこれといって
神話の人との関連付けはないようです。

ギリシャワインって、あんまり見かけな
いですよね。味わいたいものです。

■ヤマソービニオン

なんと、日本の葡萄です。日本では栽培
しにくい品種ヤマブドウとカベルネソー
ビニヨンを掛け合わせて、日本の気候に
カスタマイズしたワインの葡萄の種類で
す。 さすが、器用な日本人という感じ
がしますね(^_^)

今日は、独断と偏見で、あまり聞かない
ワインの葡萄の種類を紹介しました。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 


ワイン好き:じゅんじゅん

ワイン情報の発信、 好きなワインの話、 自分自身も楽しんで ブログ書いてます。

何かあれば以下まで
junjun0620@yahoo.co.jp

よかったらランキングをクリック!


ワイン ブログランキングへ

ぶらりワイン紀行
おすすめワイン達!
カテゴリ一覧
最近の投稿