ワインに合うつまみ

じゅんじゅんのぶらりワイン紀行

次の日も美味しい!ワインの保存方法

ワインのボトル一本、1日でひとりで
飲みきるのって、なかなかできないですよね。
woman4 

だから飲み残して保存します。


翌日、また保存しておいたワインを飲むと、
ん?? ってありますよね(苦笑)

ワイン保存のポイント、それはずばり、
・ワインを冷蔵庫に
・ワインと酸素出会わせない

ですね。

日本はまず、じめじめした気候が多く、
特に夏場なんかだと30度超えなんてざら。
だいたい16度くらいがワインの適度な
保存温度と言われてますから、少なくとも
飲み残しワインを台所のすみに置く、は
だめで、ワインが悲鳴をあげます。

白ワインは冷蔵庫に入れますが、赤ワインは
常温で、とか言いますから、外に置いておく
ことって多いんじゃないですか?
ワインにとって、日本の気候はあまり、
常温じゃないようです(^_^;)

あとはなにより大敵は、酸化です。
ワインはふたを開けると、コルクを抜くと、
グラスに注いだら、ふわーっと芳醇な
香りが空気中に広がりますが、それ以上の
ワインと酸素との逢瀬はだめなんです。
winehozon

酸化が進むと味が酸っぱくなりますよね。

なので、いろいろ市販されていますが、
真空にしてしっかりワインを瓶に
閉じこめてあげること。これが大切。

飲み残してまた楽しもう、だったら、この
くらいで大丈夫です。

どうしても味が悪くなったら、ワインは
料理に使いましょう(*^_^*)

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 


ワイン好き:じゅんじゅん

ワイン情報の発信、 好きなワインの話、 自分自身も楽しんで ブログ書いてます。

何かあれば以下まで
junjun0620@yahoo.co.jp

よかったらランキングをクリック!


ワイン ブログランキングへ

ぶらりワイン紀行
おすすめワイン達!
カテゴリ一覧
最近の投稿