ワインに合うつまみ

じゅんじゅんのぶらりワイン紀行

赤ワインに欠かせない葡萄の種類

いまや、世界中で作っているワインですが、
当然、ワインに欠かせないのは、葡萄です。
budou 

かなりの種類があるので、全部をみたい場合は
ウィキペディアとかを見るとして、代表的な、
ワインの葡萄種類を見てみましょう。

・カベルネソービニヨン
・ピノノワール
・メルロー
・甲州

このあたりを押さえておけば、だいたいおーけい
です。

■カベルネソービニヨン
渋みが強い葡萄で、濃厚なワインを作る
のに使われます。フランスのメドック、
ボルドー地区で作られるワインに使われる
ことで有名で、結構世界的にメジャーな
ワイン葡萄ですね。渋みが強いワイン葡萄
なんで、メルローをまぜたりします。

■ピノノワール
案外、渋みは弱めで、ライトボディとか
ミディアムボディ的なワインに使われる
葡萄です。フランスのブルゴーニュ地方で
使われるのが有名ですが、ニュージーランドや
北海道でも栽培されるワイン葡萄です。

僕は個人的に一番好きですね(^_^;)
pinotnoir

■メルロー
まろやかというか、爽やかというか、あまり
単体で使われないワイン葡萄ですか、
世界的には有名な赤ワインの葡萄品種です。
前述のカベルネソービニヨンと混ぜて使われる
ことが有名です。
赤ワインの名脇役、といったところですかね?

■甲州
わが日本が誇る、山梨県産の葡萄です。
よくスーパーなんかでも「甲州」って書いた
ワイン、見かけますよね?
食用でも有名な葡萄なので、ワイン醸造の際、
入手に高いとか(^_^;)
世界的に有名になったらいーですよね~

と、今日はワインに欠かせない葡萄について
でした~

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 


ワイン好き:じゅんじゅん

ワイン情報の発信、 好きなワインの話、 自分自身も楽しんで ブログ書いてます。

何かあれば以下まで
junjun0620@yahoo.co.jp

よかったらランキングをクリック!


ワイン ブログランキングへ

ぶらりワイン紀行
おすすめワイン達!
カテゴリ一覧
最近の投稿