ワインに合うつまみ

じゅんじゅんのぶらりワイン紀行

ワインの色によって深みがわかる!

みなさん、ワインには赤ワイン、白ワイン、
ロゼワインとありますよね。

色という観点で注目されるのは、やはり
赤ワインですよね。

その赤ワイン、赤の色味によって、若さや
渋さ、製造時の特徴なんかもわかるんです
vino_rosso

赤ワインの色合いが、青っぽいというか、
紫がかっているような場合、その赤ワインは
若いワインであると言えます。

一方、赤ワインの色合いが、オレンジや、茶色
っぽい赤、レンガっぽい色あいって言うん
ですかね。
こんな色の赤ワインなら、十分に熟成された
渋味のあるワインと言えます。

赤ワインは黒ブドウの皮から作られますから
そのブドウ自体が、だんだん熟成されていく
と前述のワインの色味のように、青系や紫系
の時代を経て、だんだん茶色系の色あいに
変わっていくんです。

さて、そんな色で主張している赤ワイン。

赤の深みの話になりますが、黒っぽく、あま
り透き通っている雰囲気のない色あいだった
場合、たいがい、重厚な赤ワインです。
カベルネ・ソーヴィニヨン系ですね。

非常に日光がしっかり当たっている地域で
栽培された赤ワインなんです。

逆に、透明感のある、淡い赤ワインだった
場合、これは軽めのワインであると言える
んです。ピノ・ノワールやメルロー、とい
う所でしょうか。

日光があまりあたらない環境で栽培された
赤ワインなんです。

簡単にですが、赤ワインの色からわかる、
お話をさせていただきました。

きちんと透明なワイングラスで、色を楽
しみながら、赤ワインを堪能してくださ
いね!

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

トラックバックURL: 


ワイン好き:じゅんじゅん

ワイン情報の発信、 好きなワインの話、 自分自身も楽しんで ブログ書いてます。

何かあれば以下まで
junjun0620@yahoo.co.jp

よかったらランキングをクリック!


ワイン ブログランキングへ

ぶらりワイン紀行
おすすめワイン達!
カテゴリ一覧
最近の投稿